人身事故の届け出は早めに!

2012-07-26

交通事故でケガをした際に証明となるのが『交通事故証明書』という書類です。これには事故の発生場所・日時、当事者の氏名、人身事故か物損事故か等の情報が記載されています。自賠責保険は人身事故の時に支払い対象ですので、この書類に人身事故の記載が必要です。
事故の直後はケガがなく物損事故と思っていても、数日経ってから身体に異常が現れることがあります。このような場合は早々に病院に行って診察してもらうことが大事です。事故から受診するまでに日数が経ってしまえばしまうほど、事故とケガの因果関係が問われてしまうのです。
診断の結果異常が見られた場合は速やかに警察へ提出する診断書を作成してもらい、人身事故の届け出を行ってください。
中には事故から日数が経つと受け付けない警察もあるそうで、その場合は『人身事故証明書入手不能理由書』と物損事故の交通事故証明書により、請求することが可能です。

後遺障害等級認定に関するお問い合わせ

後遺障害等級認定に関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「後遺障害等級認定サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- いわま行政書士事務所 All Rights Reserved.