併合と相当と加重

後遺障害の認定の考え方で、「併合」という考え方があります。
これは、交通事故で後遺障害が2つ以上残った場合に決められる方法になります。
なので、交通事故にあって複数の後遺障害が認められたとしても、認定される等級は1つとなります。

具体的には、後遺障害が複数ある場合は、重い方の後遺障害を基準に考えます。13級以上の後遺障害が認められている場合は、重たい方の等級を1級繰り上げることになります。ただし、14級の後遺障害が複数認められる場合は繰上げはなく、14級のままです。

原則
1.後遺症が2つ以上のあるときは?
原則として、重たい方の等級とします。
2.ただし、13級以上の等級があるときは2つ以上ある時は?
重たい方の等級を1級繰り上げます。
3.8級以上の後遺症が2つ以上あるときは?
重たい方の等級を2級繰り上げます
4.5級以上の後遺症が2以上あるときは?
重たい方の等級を3級繰り上げます。
5.14級の後遺症が複数認められたときは?
繰上げはなく、14級のままです。
6.併合の結果、1級を超えるときは?
1級が認定されます。

後遺障害等級認定に関するお問い合わせ

後遺障害等級認定に関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「後遺障害等級認定サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- いわま行政書士事務所 All Rights Reserved.