加害者が任意保険をかけていませんでした

2012-06-25

自動車同士の事故。相手に過失があるのに自動車保険をかけていない場合、こちらは賠償してもらえないのでしょうか?

このような場合、あなたの自動車保険に『無保険車傷害保険』がついていれば、こちらを使うことができます。これは、最悪のケースに陥った時、被害者を救ってくれる制度です。無保険車に衝突されて死亡または後遺障害を被ったのに、損害賠償請求しても十分な賠償を受けられないときに役立つ保険なのです。
保険金の上限は、あなたが契約してます任意保険の対人保険の契約金額と同等です(もし、無制限の場合は2億円)。保険契約の内容によって、被保険者自動車に搭乗中の事故のみ、搭乗中および歩行中や自転車乗車中の事故など支払われる条件が変わりますので、自分の自動車保険の内容を確認してみてください。

無保険車が加害者になると、被害者は自賠責保険の上限金額(死亡した場合は3000万円、重度後遺障害は4000万円)以上の賠償を請求することは難しく、泣き寝入りせざるを得ない状態になってしまいます。
日頃から自分の身は自分で守れるよう備えが大切です。

後遺障害等級認定に関するお問い合わせ

後遺障害等級認定に関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「後遺障害等級認定サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- いわま行政書士事務所 All Rights Reserved.