被害者請求と任意一括請求

後遺障害の認定を請求するときに、被害者請求でするのか?任意一括でするのか?といったことがあります。

われわれ行政書士は被害者請求をおすすめしておりますが、任意一括でも問題はありません。ここでは任意一括請求についてご説明したいと思います。

一括払制度とは?

「一括払制度」とは、対人賠償責任保険において加害者の損害賠償責任額が確定する前に、加害者側の保険会社が被害者と自賠責保険会社等と連絡を取り合い、最終的に加害者が賠償しなければならないと認められる範囲の損害を自賠責保険部分も立て替えて一括して保険金を支払う制度です。

一括払い制度の流れ

①一括払い保険会社が事故報告を受けます。

②保険の契約者の車両が契約している自賠責保険が有効であるか確認するため、自賠責保険会社に現存確認を行います。

③自賠責保険が確認されると、自賠責保険会社から任意一括払い保険会社に自賠責保険契約の内容等の情報提供を行い、過去の事故等の情報も含め、貸出等も行われます。

④一括払保険会社は、自賠責保険が有効であること等を確認した上で請求者、被害者、医療機関等に一括払いをし、事実調査や示談交渉等を行います。

⑤自賠責保険への請求要件を満たすと、一括払保険会社は損害保険料率算定機構の出先期間である各地の調査事務所に関係書類を送付します。

⑥調査事務所は必要書類の確認と一括払保険会社の行った損害確認の妥当性を点検します。調査が完了すると、一括払保険会社に対して損害認定額を連絡し、自賠責保険会社に対しては調査完了書類を送付します。

⑦自賠責保険会社は送付された調査完了書類を確認の上、一括払保険会社に対して、自賠責保険を支払います。

一括払制度のメリット

加害者側のメリット

・対人賠償責任保険の会社(任意保険会社)と自賠責保険会社の双方に保険金請求書類を提出することなく、任意保険会社に請求書を提出するだけで、自賠責保険会社に対して同時に請求ができ手間が省けます。

・実際のところ、任意保険会社が示談交渉を行うため、加害者は任意保険会社に窓口を一本化することができます。

被害者側のメリット

・加害者からの賠償や自賠責保険の直接請求をすることなく、一括保険会社から速やかに損害賠償金の支払いを受けることができます。

・内払などの対応も、任意保険会社が窓口になるため、自分で自賠責保険を請求するより、迅速に行われます。

・提出書類や示談交渉など窓口を任意保険会社に一本化することで、各種手続きが簡素化されます。

 

 

後遺障害等級認定に関するお問い合わせ

後遺障害等級認定に関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「後遺障害等級認定サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- いわま行政書士事務所 All Rights Reserved.