複数の車と衝突したときの保険の請求は?

2012-09-19

30歳のKさんは同僚の車に便乗して職場から帰宅途中、見通しの悪い信号のない交差点でタクシーと出会い頭の衝突事故に遭い、事故から1週間後に亡くなってしまいました。同僚の車とタクシーの過失割合は五分五分、双方とも自賠責保険と任意保険(5,000万円)に加入していました。Kさんは結婚しており2人の子どもと奥さんがいましたが、奥さんはどれぐらいの賠償を受けられるのでしょうか?

自賠責保険では死亡の場合、車1台につき最高3000万円支払われます。今回は同僚の車とタクシーの共同不法行為なので、2台に請求でき、最高6,000万円まで賠償を受けられます(被害者の年齢は家族構成、仕事等の状況により金額が決まります)。
月収40万円近かったKさんの場合は、上記の6,000万円だけでは支払額が不十分とされ、タクシー会社・同僚の車の任意保険会社に不足分を請求することができます。この請求はどちらか片方でも、または両方に対してもできます。もし片方が不足分全額払った場合、過失割合に応じてもう片方に求償しますので、被害者側は一方だけに請求しても問題ないのです。

後遺障害等級認定に関するお問い合わせ

後遺障害等級認定に関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「後遺障害等級認定サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- いわま行政書士事務所 All Rights Reserved.