3つの損害賠償額の算定基準

損害賠償の算定賠償基準には、①自賠責保険の支払い基準、②任意保険の支払い基準、③弁護士会による基準があります。被害者は弁護士会基準による損害賠償請求額を目標金額とし、加害者と交渉します。理由はのちほど、ご説明したいとおもいます。

損害賠償額を決める3つの算定基準

 損害賠償額の算定は、修理費などの実費以外に、将来の収入分の損害や精神的な損害も含まれるため、非常に複雑な作業となります。そこで、これを迅速かつ公平に処理をするため、自賠責保険、任意保険、弁護士会では、それぞれ基準をもうけ、算定しています。

賠償額がもっとも少なく評価されるのが、自賠責保険基準

 賠償金額がもっとも少なく算出されるのが自賠責保険基準、もっとも高く算出されるのが弁護士会基準であります。
 保険会社は自賠責基準を目標に交渉をするため、被害者は弁護士会基準を目標に交渉しなくてはなりません。

 いわま行政書士事務所では、お客様(被害者)に対して弁護士会基準の算定基準のアドバイスや判例の紹介をし、なるべく弁護士会基準に近づけるようお客様をサポートいたします。代理として、保険会社と交渉することは非弁行為になりますのでおこなっていません。

後遺障害等級認定に関するお問い合わせ

後遺障害等級認定に関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「後遺障害等級認定サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- いわま行政書士事務所 All Rights Reserved.