業務案内

 ここでは、いわま行政書士事務所でできること、また提携の弁護士にお願いすることなど、業務に関するご説明をさせていただきます。

病状固定後の、「後遺障害等級認定」の申請サポート

・ある程度、治療をしたにも関わらず、傷害が残ってしまうことがあります。
  このことを、「後遺障害」と呼びます。交通事故で後遺障害が残ってしまった場合、後遺障害認定を請求することができます。等級が認定されると、遺失利益と慰謝料を受け取ることができます。
  しかし、後遺症が残っているからといえども、すべての人が対象になるわけではありません。 それぞれ等級には基準があり、その基準に当てはまらなければ、等級に該当されません。
  また、該当されていても、理由を付けて、等級の認定を退ける場合が多数あります。
  この、等級認定の可能性を少しでもあげるために、当事務所がサポートいたします。

・当事務所では、「被害者請求」で、後遺障害等級認定の申請をいたします。そして、交通事故と傷害の因果関係を整理し、必要な検査、後遺障害診断書の作成を医師に依頼いたします。
・そして、検査結果等を精査し、後遺障害診断書の作成、そのほか裏付け資料の作成をいたします。

「後遺障害認定」の結果に対する「異議申立て」の申請のサポート

・後遺障害等級の認定をした場合、必ずしも該当するとは限りません(非該当)。また、該当したとしても、自分の後遺障害の状態に該当しない場合があります。そうした場合に、異議申立てという制度を使って、再度、申請することができます。

・当事務所では、非該当の通知その理由書・後遺障害事案整理書・後遺障害診断書の内容等を調べ、問題点を洗い出し、異議申立ての検討をいたします。
・検討した結果、新しい検査・診断書を作成してもらい、、新たな証拠資料を添付し、異議申立書を作成します。

自賠責と任意保険に関する保険金請求

・自賠責保険の書類が送られてきたが、どう書けばいいのか分からない・・・。
・仕事が忙しくて、なかなか書く暇がない・・・。  など

保険金の請求自体は特別難しいものではありませんが、やはり、交通事故現場を確認したり等、時間がかかります。自分で行うことがどうしてもできない場合、時間がどうしてもない、と言った場合に被害者の代わりに、保険会社に請求いたします。 

内容証明の作成

・事故の相手方がお金を支払ってくれない・・・。
・内容証明を書きたいのだか、コツがわからない・・・。
・内容証明とはこれだけでは法的な意味合いはありませんが、専門家が送ることにより、相手に心理的プレッシャーを与えることができ、なんらかのアクションを起こす場合があります。相手と連絡がとれない、相手からなにも連絡がない、と言った場合に有効な手段となります。

障害(厚生)年金の申請・労災保険への申請

社会保険労務士の前田敏幸が対応いたします。

示談交渉・訴訟

弁護士の柿沼佑一が対応いたします。

後遺障害等級認定に関するお問い合わせ

後遺障害等級認定に関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「後遺障害等級認定サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- いわま行政書士事務所 All Rights Reserved.