後遺症が完治(59歳・男性)

交通事故から相談に至るまでの経緯および問題点

横断歩道歩行中に普通自動車に追突されました。頭部打撲、左ひじ打撲、頸椎捻挫等で後遺障害申請をしたが、認定されず「非該当」となってしまいました。

年齢性ヘルニアがあり、保険会社との間でもめることが予想されましたが、被害者が真剣に相談しにきたので、受任に至りました。

対処方法

もう少し治療を継続し、ヘルニア専門の先生にかかることをすすめました。

行政書士から一言

専門の担当医を探したが、高度な技術で手術をし、痛みしびれを除くことができました。

結果、後遺障害には該当しなくなったが、被害者が普通の健康状態を取り戻すことが一番うれしいです。

後遺障害等級認定に関するお問い合わせ

後遺障害等級認定に関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「後遺障害等級認定サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- いわま行政書士事務所 All Rights Reserved.