併合8級の認定(58歳・男性)

交通事故から相談に至るまでの経緯および問題点

交差点で出会い頭の事故で長期入院し腸を1メートル切除してしまった。しかも、足に金具が入ったままで、腹部に醜状がありました。
過失が40%あり、保険会社から「普通に仕事をしているのなら、後遺障害はない」と言われた。どうすればいいのか分からず、相談に来られました。

これは後遺障害に該当すると判断し、受任しました。

問題点は、本人が確定申告等をしていないため、公的な収入ができないこと。人に聞かれれば「大丈夫、大丈夫」と答えているため、保険会社も後遺障害はないと判断していました。

対処方法

担当医に記載していただいた後遺障害認定書を、再度修正していただきました。収入証明について、関係した会社に支払い証明書を集めました。

後遺障害申請の結果

「胸腹部臓器に障害を残し、服する労務が相当程度制限される」9級と、「局部に頑固な神経症を残すもの」12級、以上で、併合8級が認定されました。

示談金額

(既払い金を除く)

1207万7435円 + 搭乗者保険から340万

行政書士から一言

当事務所に依頼していなかったら、後遺障害も認められず、通常の仕事・生活もままならないようであったが、後遺障害が認められ、今後の生活費等でまとまった金額が得ることができてよかった。

後遺障害等級認定に関するお問い合わせ

後遺障害等級認定に関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「後遺障害等級認定サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- いわま行政書士事務所 All Rights Reserved.