後遺障害の異議申立て

異議申立てとは?

自賠責保険や任意会社から、後遺障害等級認定結果が届いて、「非該当」であった場合、精神的なショックがとても多くあります。もちろん適正に審査される場合もありますが、審査自体はとても厳しいもので、なかなか認定されないのが実状であります。しかし、請求は1度しかできないわけではありません。後遺障害の認定には、「異議申立」ができるため、再度、申請を行うことができます。

後遺障害等級認定の調査を行う損保料率機構

 後遺障害等級認定の調査を行う損保料率機構は、提出された書面のみで審査をおこなうために(一部除く)、審査自体は完全ではありません。なので、先ほども書きましたが、本当は後遺障害が存在するのに非該当と判断されてしまうケースがあります。

後遺障害等級認定の異議申立書

 異議申立書には、決まった書式があるわけではありませんが、保険会社に請求すれば書式をもらうことができます。自分で作成する場合、自賠責番号や事故発生日、整理番号などを特定し、また、様々な資料を収集し、前回の審査を覆すほどの裏付け資料を添付する必要があります。
 また、後遺障害認定のシステムは、自覚症状を見て、それを裏付ける画像や他覚所見があるかどうかを確認し、異議申立書もその順番で、証拠を引用しながら、書いていく必要があります。

後遺障害等級認定、最期の異議申立機関

 損保料率機構への異議申立のほか、最終的な手段として、自賠責紛争処理機構への異議申立てができます。しかし、ここに申立てをした場合、再度(今後)、異議申立てを行うことができなくなるので、注意が必要になります。

後遺障害等級認定に関するお問い合わせ

後遺障害等級認定に関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「後遺障害等級認定サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- いわま行政書士事務所 All Rights Reserved.