交通事故損害賠償の時効

交通事故で被害に遭った場合、損害賠償を請求せずそのままにしておくと、時効で請求権が消滅してしまいます!

自賠責保険に対する被害者請求の時効

 交通事故の被害者は自賠責保険に対し、自分で直接、損害賠償額の請求をすることができます。

 この自賠責の被害者請求権は、「損害を知ったときから」2年で、時効になります。損害を知ったときとは、つまり事故の起きた日のことになります。その日から、2年以内に被害者請求をしなければ、時効によって被害者請求権が消滅してしまいますので、ご注意ください。
 しかし、自賠責保険会社から2年の時効の前に「時効中断承認書」という、書類をもらっておけば、それで時効が中断するので、忘れずにもらっておかなくてはなりません。

後遺障害に関する自賠責保険の時効 

 後遺障害が認定された場合、病状固定日から後遺障害部分の請求について時効が進行します。したがって、病状固定日から2年間、被害者請求をすることができます。

損害賠償権の時効(民法)

 加害者や自賠責保険の保有者、使用者らに対する損害賠償請求権は、「損害及び加害者を知ったとき」から3年です。また、事故を知らなくても、事故の時から20年たてば時効が成立いたします。

後遺障害の時効(民法)

 後遺障害がある場合、病状固定日から3年となります。なお、この3年の時効を中断させるためには、原則として訴訟を起こさなくてはなりません。内容証明郵便によって、6か月延長させることはできますが、この場合には6か月以内に訴訟提起する必要があります。

後遺障害等級認定に関するお問い合わせ

後遺障害等級認定に関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「後遺障害等級認定サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- いわま行政書士事務所 All Rights Reserved.