加害者が保険に加入していない

加害者が任意保険に加入していない・・・。

当事務所を含め、専門家に相談されることで多いケースがこれにあたります。
以下の手続きのサポートも当事務所では行っております。

無保険者傷害条項

交通事故による損害賠償額は、通常多額になります。しかし、加害者が任意保険に加入していなかった場合にどうなるのでしょうか?通常の人は、損害賠償額を全額支払うことは不可能な場合が多いと思われます。任意保険に加入していても、相手が加入している保険により適用されない場合もあります。このような場合、自分の任意保険の内容を確認しましょう。そして、無保険者傷害条項が損害すれば、次のような場合に支払いの対象となります。

①加害者が任意保険に加入していない
②加害者が、対人保険に加入はしているが、運転者の故意がある場合、その他年齢条件等の条件を満たしておらず、保険給付がされない場合
③加害者が対人保険に加入しはているが、保険金額が損害額に満たない
④ひき逃げなど、運転者及び加害車両の特定ができない

この無保険車傷害条項は、保険会社は積極的に教えてくれるものではありませんので、自分で保険会社に指摘する必要があります。

搭乗者傷害条項

 「搭乗者傷害条項」は、保険を契約した自動車に搭乗中の人が死亡、または傷害を負った場合に支払われる保険で、「搭乗者」というのは、その車に乗っているすべての人のことで、運転者本人も含まれます。
 したがって、加害者が任意保険に加入していなくても、自分の自動車保険の保険給付を受けることができます。これもまた、保険会社が進んで説明してくれないので、自分で確認しておきましょう。

政府保障事業

 自賠責保険をかけていない無保険車が加害車両である場合、ひき逃げ等で加害者が不明の場合や加害車両の保有者が不明の場合等は、自賠責保険の損害賠償額の支払いや加害者側からの保険給付が受けられません。
 このような場合には、自賠責保険と同額になるまで、その不足分について政府の保障事業から支払いをうけることができます。

しかし、これらの保障はあくまで傷害によるものを保障するものであり、物損の損害は保障されないので、ご注意してください。

後遺障害等級認定に関するお問い合わせ

後遺障害等級認定に関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「後遺障害等級認定サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- いわま行政書士事務所 All Rights Reserved.