ムチウチ症とは?

ムチウチ症とは?

まず、ムチウチ症とは、診断名ではなく「損傷の起こり方」を示しておりますのでご注意ください。人間の脊椎のうち頸椎と呼ばれる部分は、重たい頭を支えているため、外力に大変弱い部分であります。事故が起きたときに、頸椎の動きがまるでムチがしなるような動きをするので、「ムチウチ症」といわれるようになりました。なので、実際の診断名は、「頸椎捻挫」「バレーリュー症候群」「頸椎神経根症」「脊髄症」というものになります。

 

ムチウチ症の長期化について

医学的に見た場合、「ムチウチ症」の大半を占める頸椎捻挫やバレーリュー症候群の予後は良好とみられ、長期間の治療を必要としないとされております。では、なぜ、かなりの患者が長期間の治療を受けており、補償の上で問題になるケースがおおいのでしょうか?

①医学的な所見からみて

もちろん、障害が重症なケースは治療が長引いてしまいますが、そうでないところで問題が生じるケースが多くあります。治療が長期に及ぶ原因の一つとして「変形性脊椎症」といった脊椎の疾患が潜在していることが挙げられます。これらの脊椎疾患が潜在している場合には、脊椎は外傷に弱くなり、治りにくいといった状況が生じるからです。
一般的に整形外科に通う患者の中で、頸部の痛みやコリやしびれを訴える患者の中には、「変形性脊椎症」と診断される人は多くいます。これはなにをいっているのかといえば、「ムチウチ症」などの外傷がなくても、普通の日常で起こり得ることを表しております。
つまり、事故前はまだ症状がでていなくても、もともと「変形性脊椎症」を持っている場合には、外傷があった場合、きわめて容易に発症してくることになります。この場合、本人の素因と外傷とによる複合的な障害ということになります。こういった場合、すべての責任を交通事故のせいにすることはできません。たとえ事故がなくても、日常生活の中で発症していたかもしれないからです。

②病院側および患者側にある問題

ほとんどの病院では、適切な治療を患者に行っていますが、一部には利益をあげたいからと、交通事故患者を利用するといったケースが見られます。交通事故における自由診療は健康保険診療と異なり、支払者側によるチェックがされていないからです。
また、患者側にも問題がないわけではありません。ムチウチ症における過剰な不安感であったり、被害者意識、おれともっと補償を得たいといった3点が問題になっております。交通事故には、基本的に「加害者」と「被害者」がおり、被害者はどうしても、「治るまで面倒をみてもらう権利がある」といった、心理状態になってしまうからです。また、過大な補償を要求するために、自分の病状を強く訴え、いつまでも病院から離れないで、仕事にもつかない患者が一部いるのも事実であります。

 

 

後遺障害等級認定に関するお問い合わせ

後遺障害等級認定に関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「後遺障害等級認定サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- いわま行政書士事務所 All Rights Reserved.