接骨院、お灸、整体院は通院日数と認められるか?

接骨院等の医療機関以外での治療は認められるか?

よく、こんな質問があります。「接骨院(整体)等に通っていますが、これは治療費としてみとめられますか??」

結論を、ズバリいいます。原則、認められていません。ただし、症状により有効かつ相当な場合、また、医師の指示がある場合には認められる傾向があります。

なので、ここでの注意点!

接骨院等に通う場合は、必ず、医師の指示でもって通院をしてください。この指示がなければ、治療費として保険会社に認めてもらうことが難しくなります。

マッサージ費用等を認めた事例(判例抜粋)

・追突事故の被害者(女・65歳)につき、頸椎捻挫に引き続くバレー・リュー症候群と診断された場合に、バレー・リュー症候群の患者にはカイロプラティック治療は有効ではなく、むしろ悪影響があると考えてられており、医師の指示ではないと認められるが、右施術を受けた後は症状がよくなることが認められ、少なからず被害者の症状を軽くさせるのに効果があった。そのため、48回の通院のうち比較的頻繁に通院していた19回について治療の必要性を認めた(東京地判平7.9.19 交民28.5.1358)

・柔道整復師による治療につき、医師の指示によるものではないものの、被害者が治療により相当程度以上の症状の軽減回復を感じていることが認められるとして、事故との相当因果関係を認めた(神戸地判平7.9.19 交民28.5.1384)

医師の指示がなければ基本的にはなかなか認められませんが、裁判により認められた事例もいくつかあります。

後遺障害等級認定に関するお問い合わせ

後遺障害等級認定に関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「後遺障害等級認定サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- いわま行政書士事務所 All Rights Reserved.