交通事故における損害賠償とは?

交通事故における損害賠償とはなにか?

「損害賠償」を定めた法律

 損害賠償とは、交通事故によって他人に損害を与えた場合、加害者は被害者に対して金銭による賠償を行わなければならないことです。これは、民法第709条と自動車損害賠償保障法(自賠法)という法律でで定められています。

 まずは、損害賠償の根本をなしているもの・・・民法第709条
 故意または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害したものは、これによって生じた損害を賠償する責任を負う

 ただし、民法では被害者が以下4点のことを立証しなければ、損害賠償を受けられないことになっております。
 この基本的な考え方から、被害者が責任をもって自分の被害を立証し、正しい賠償額を請求することが必要となります。
 ①加害者側に故意または過失があること
 ②加害者の行為が違法であること
 ③事故と損害の因果関係
 ④損害が生じたこと

 「故意=わざと、過失=不注意から事故を起こしてしまった」といった、加害者の心情までを被害者が立証する必要があったので、この民法709条による損害賠償請求が非常に厳しく、被害者が泣き寝入りすることも多くありました。そうした状況を改善するため、昭和30年に被害者救済を目的に民法の特別法として、自動車賠償保障法(自賠法)が制定され、それに基づいて運用される自動車賠償責任保険制度が確立しました。

立証責任を加害者に課した自賠法

 自賠法は第1条で、その目的を記しています。「生命または身体が害された場合の交通事故(人身事故)の損害賠償は自賠法が民法に優先する。そして、これ法律は被害者を保護する制度である。」そして、同第3条では損害賠償の責任を負う者を、加害車両の運転手に限らず、「自己のために自動車を運行の用に供する者」までに、範囲を広げたことにより、立証の責任を加害者に課し、次の3つの要件をすべて立証しなければ、加害者が責任を負うと定めました。
 ①運行供用者と運転者が無過失であったこと
 ②被害者または運転者以外の第三者に故意また は過失があったこと
 ③自動車に構造上の欠陥または障害がなかったこと
 逆に、この3つを立証すれば、責任を負わなくてもよいことになりますが、現実ではほぼ立証が困難とされており、事実上は無過失責任となっております。
 ここで、注意が必要なことがあります、人身事故に関しては自賠法が優先されますが、物損事故での損害賠償請求は民法が根拠となっております。さらに、同第5条では、自動車損害賠償保険の契約を結んでいない自動車は運行の用に供してはならないと規定していることから、自賠責保険は強制保険となっております。

後遺障害等級認定に関するお問い合わせ

後遺障害等級認定に関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「後遺障害等級認定サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- いわま行政書士事務所 All Rights Reserved.