「局部に神経症状を残すもの」非該当→14級認定(30歳・男性)101.8万円の増額

交通事故から相談に至るまでの経緯および問題点

自動二輪車を運転中、左前方を走行していた軽トラックが急に右折をしたため、トラックの右前方に接触し転倒。骨盤骨折、左橈尺骨遠位端骨折、右膝下腿挫創と診断され、約1年4か月入通院した。症状固定後、後遺障害等級認定を申請したが、非該当

保険会社の自賠責非該当理由と依頼者の症状に相違があり、後遺障害認定の可能性が高いとして受任した。

対処方法

再度、病院で診察を受けてもらい、新たな後遺障害診断書を作成し、異議申立てを行った。

後遺障害申請の結果

異議申立てが認められ、「局部に神経病状が残るもの」として、14級が認定されました。

示談金額

1回目(当事務所への相談時) 後遺障害なし 152万2947円
2回目(後遺障害認定後)          224万4546円

最終示談金額                256万4600円

最終的に104万1653円の増額ができました。

行政書士から一言

症状のために仕事やスポーツに支障が出て苦しんでいた依頼者。非該当から後遺障害14級と認められ、受け取れるべき賠償額を受け取ることができ良かったと思う。

 

後遺障害等級認定に関するお問い合わせ

後遺障害等級認定に関して、何かお困りでしょうか?お電話またはメールにて、お気軽にお問合わせください。

「後遺障害等級認定サポート埼玉を見た」とお伝えください。
Copyright(c) 2010- いわま行政書士事務所 All Rights Reserved.